精霊馬と精霊牛。ご先祖さまとの対話。

毎年お盆入りに子どもと作るのが

ご先祖さまの霊をお迎えするための

精霊馬(しょうりょうま)と精霊牛(しょうりょううし)。

「霊が戻って来られる時には

 きゅうりの馬に乗って一刻も早く家に帰って来てもらう。

 少しでも長くこの世にいてもらって、

 帰る時にはなすの牛に乗って

 景色を楽しみながらゆっくりと帰ってもらう。」

ために作る馬と牛。

畑の野菜から子どもが馬っぽいもの、牛っぽいものを

あーだこーだと選び、

割り箸で手足をつけて完成。

数日前からお仏壇のある部屋で寝ています。

尊敬する霊能者の方の本に、

「みんなはご先祖さまに自分が聞きたいことや、

 欲しいメッセージをもらおうとする。

 それは都合の良い関わり方で、

 本来はただただメッセージを受けとるべき。」

と書いてあって、

早速、質問という形ではなくてただただメッセージを

いただいてみました。

すると、ひたすら「もっと子育てをがんばりなさい」との連呼。

昨日はお盆に入り、エネルギーもさらに強く感じていて、

「しっかりと自分を立たせなさい」とやっぱり厳しめのことを

いただきました。

主人の父方の祖父母には会ったことありませんが、

強く厳しい方だったというだけに、凜としたメッセージ。

とても愛情があり、しっかりした方だったんだなと思い果てた夜。

子育てとしっかり自分を立たせる、

改めてがんばろうと思ったところです。

お盆時期、ぜひご先祖さまの霊と対話してみてくださいね。

あなたのことをいつも見守ってくれてるわけですから、

大事なメッセージをいただけるはず。

リラックスして目を閉じて、頭を空っぽにして

インスピレーションを受け取っていけば対話できますよ。

難しく考えなく良くて、なんとなく湧いて来たことで大丈夫。

霊を怖いと思ってる人もいるかもしれませんが、、、。

お盆のお膳になんとゴキブリが出て、

義理の妹と、キャー!!!と叫びながら

お義母さんがゴキジェットでシューっと。

ゴキブリをあの世に送ってしまいました、、、

わたしにとっては霊よりゴキブリの方が数百倍怖い 笑。

本来、霊もわたしたちと一緒の命が肉体離れただけなので

怖いものではありません。

確かに、念がある霊などは注意も必要かもしれませんが、

自分を整えていればそんな悪い霊とコンタクトが発生することは

あまりないわけで。

なので、怖い霊を想像するのではなく、

感謝の気持ちで謙虚に関わろうとすれば、

良い霊と良い対話ができるはず。

現実で出逢う人も自分の意識で違うように、

霊との出逢いも同じ原理で考えています。

(あくまでわたしの考えなので一参考に)

ご先祖さまに思いを果てると、

自分の命も肉体あるこの短い期間。

大切に命を生きましょう。

知念睦月とは?

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は od94c0df121acc2908c6cae4a222f4605_46937023_190628_0005.jpg です

*知念睦月 メルマガはこちら(ほぼ毎日発信しています♡)

個人セッションは7月中は満員御礼にて締め切りました。

8月はお休みをいただくのでセッションスタートは8/19より行います。

ご希望の方はお早めにご予約お取りください。↓下記より

*睦月カウンセリングを開始します!お申し込みはこちら

*悲しみを愛に トラウマ解放セッション詳細・お申し込みはこちら

*個人メニュービジネスコンサルなどはこちら

*Joy & Soulful コース詳細はこちら

*神さま産み詳細はこちら

*近々のイベント・セミナーはこちら

関連記事

  1. 成長は螺旋状。

  2. 男性に粗末に扱われていた暗闇時代。どうやって抜けたのか?

  3. あなたの軸は誰かを幸せにする。Minding Body。

  4. ヒナギクの教え。

  5. 携帯屋のおじいちゃんセラピー。

  6. また逢いたくなる女性になる方法。

  7. 温かい巣があればまた羽を広げて羽ばたいていける。

  8. 止まって、自分を見る。本当に気づけば、人は変わる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。