“好き”のパワー。

“好き”のパワーは人生の栄養源。

“好き”を封印すると人は苦しい。

わたしは、いろんなことがあって、

一旦”好き”を閉じ込める日が数日間あって

たった数日間のことだけど、

色鮮やかだった毎日がみるみるうちに色褪せていった。

子どもの頃から好きだったミヒェルエンデの『モモ』に出てきた

世界が灰色なったような、そんな感覚だった。

その時間はこれから創り出したい人生の時間のためには

とっても大切な時間だった。

自分がどう生きていくのか?何をしたいのか?

何を重要視するのか?自分が与えていく影響への責任。

今までの生き方や在り方にズレはなかったか?

わたしがやっていきたいことにとって最重要なことは何か?

わたしという人は何が好きで何に喜び

それと天秤に掛けて選択することはなんなのか?

だから色褪せたその時間も必要だった。

向き合う時間は時にとても苦しい。

苦しいぐらい向き合う時間は時に必要。

いろんな思いがあるけれど、

自分の”好き”も大切にしていきたいとも思った。

どのように人生に取り入れるかはちゃんと考えていきながら。

“好き”は人生の栄養源。

あなたらしさに大事なこと。

だってあなただからその”好き”にワクワクして

心が震えて、モチベーションが生まれることだから。

だから、誰になんと言われたって

“好き”はやっぱり大事にしていきたい。

少しずつ、わたしの日々に色が戻ってきた。

関連記事

  1. “劣等感”は「できない」の理由ではない。

  2. あなたは全世界の人と赤い糸で繋がっている。

  3. 何度この胸で涙を流しただろう。

  4. 自分の在り方を持つことで、自分も周りも変わる。

  5. 微調整ナウないろいろ。

  6. “わが、まま”に生きなさい。

  7. 自分ベクトルから愛の意識に。

  8. 「天命を待つ」の必須条件。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。