水の波紋。どしんとした垂直の本質の柱。

今回の衝撃的な気づきを経て、

なんとか辿りたいたお茶会でも

悶えて悶えて悶えて(自分のお茶会なのに、、、)

今回のことに撃沈シェアしながら、、、

等身大のまま居させていただき

なんとか出てきたものはお伝えして

目もあまり開いていない、、、

(ただいまエネルギーにやられ中でなんとか耐えてる様子)

結論、みんな温かかった♡

助けてくれるのはいつも人の愛。

で、そのままこの日は悶えたままで、苦しかったのですが、

やっと(涙)、光が見えてきました!

少しだけお伝えすると、

私たちには一本の通った柱のようなものがあります。

それはその人だけにある光の柱のようなもの。

天と地を繋げている、あなたという柱があって、

それは魂の部分と

自分自身の本質(私の中ではハートのあたりかな、ここはまだ明確ではない)

があって、決定の主導権はぜひ、本質に置くべきだった。

(今まで私は主導権を魂に持ってきていた、ここが違ったみたい)

で、その本質の部分、ここは自分との対話によって作られるもの。

そして、ある程度、いろんな浄化とか魂の望みとか、

そういったものが叶えられていき、

在り方がバチコン揃うとかなりいい感じの軸になってくる。

すると、自分の周りに自然に水の波紋のように広がる影響力であったり

見たい世界であったり、芯の通ったどしんとした自分自身になっていき

心が安定していて(葛藤もあるが)、揺るがない自分を作っていくことができる。

それはよくいう「真我」のようなものかもしれない。

まだ私はそこまではわかっていませんが。

でも真我と呼んでいいなら、かなり現実に根ざした真我かな。

ありもしない空想の言葉ではなくって。

この現生での自分の中で培う的な真我といったらいいのかも。

よくいう、自分軸のようなものだけど、一般的な軽い感じではなくって

かなりどしんとしたものであり、その人の内側でばちんとはまるようなもの。

で、そもそものズレがある人が多くて、いや、ほとんどで

綺麗な水の波紋が広がらない。垂直に柱が立ってなかったり

そもそも柱を通してなかったり。。。

そのズレを修正していくの、きっと私できる、と、今思っています。

やっとここまできました。苦しくて苦しくて起きてられなくて

寝ながらこのことまで潜在意識がたどり着かせてくれました。

他にも、今日天からいただいたお話とか、

ひゅるひゅると紐解き始めたことたちがありますが、まずはここまで。

たくさん周りの方から愛をもらいここまできました。

まだまだ探求はしばらくかかります。

諦めずに自分を信じます。

私たちの真理?真我?は、もうすでにハートの中にあるのだから、

きっと大丈夫。

関連記事

  1. 欲が立ち上がるとき!

  2. “劣等感”は「できない」の理由ではない。

  3. ここはなんだってやっていい世界一安心安全な場所。解き放たれたあなたに。…

  4. 心臓の鼓動は「あなたを生かしたい」という願いである。

  5. お母さんとのトラウマを溶かしていく温かい時間。

  6. 温かい巣があればまた羽を広げて羽ばたいていける。

  7. 男性に粗末に扱われていた暗闇時代。どうやって抜けたのか?

  8. 「天命を待つ」の必須条件。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。