人生を立ち止まってしっかり感じてみる。

最近、出逢う方々が、

人生のターニングポイントを迎えている方ばかり。

それは、

何か大きい出来事があった方もいるけれど

そうではなくても、

しっかりと人生を立ち止まって感じてみる

タームを迎えているという方々が。

自分の人生は、今、どうなっているのか?

どんな自分の在り方がそれを招いているのか?

それはどんな過去の思いからきていて、

それを選択することで何を得ていて何を失っているのか?

自分の命を自分が生きていくという覚悟があるのか?

かりそめの安心を選ぶことが本当に自分が欲しいものなのか?

何かを心配したり諦めたりするその理由は事実なのか?

自分勝手な決めつけではないのか?

もらうことばかり考えていないか?

与えて欲しいと言いながら自分は相手に与えているのか?

その言動は、何のためにしているのか?

人に認められたいから気に入られたいからしていないか?

嫌われてもいいから、あなたが本当に発したい言葉は何なのか?

その言葉の目的は何か?

目的のために人生の一つ一つを構成しているのか?

ただ現状や身の回りの環境や人に揺れているとしたら?

あなたはその人生で本当に満足いくものを構築できるのか?

引き寄せたいならどんなエネルギーでいるか決めているのか?

在り方に相応しいものしか人生にはやってこないことを知っているのか?

あなたが羨むあの人の在り方や言動をしっかり観察しているのか?

ただただ表面の言葉だけしか見ていないのではないか?

人格者と言われる人たちの努力までちゃんと見ているのか?

これまで自分を作ってきた一つ一つに一人一人の方に感謝しているのか?

しっかり、、、自分自身のことをわかって、

自分の次の一歩を確信持ち踏み出しているのか?

かけがえのないたった一つのあなたという命を大事にしているのか?

周りの家族や友人や出逢う人たちのそのたった一つの命を大事にしているのか?

自分のことを無力だと思っていないか?

あなたが決めれば何でもできるという事実を知っているのか?

トライしてないのに知恵も出していないのに簡単に結論づけていないか?

自分の枠内で片付けようとしていないか?

何度もそのパターンを繰り返していないか?

先日、頭が痛いと感じて、そこからいただいたメッセージは、

『見たまんまをしっかりと伝えなさい』でした。

私自身、お伝えすることが本質のところに深く深くそうようになってきました。

聞こえの良い言葉は一切やめようと思いました。

もしかしたら離れていく方もいるかもしれないな、と感じたりします。

でも、私がどう思われようと、その方の人生を思って、

ターニングポイントを本来の角度にぎゅんと振ることの方が

大事だと思います。

勘違いして生きてしまったら、それこそ大切な命が勿体無い。

あなたの芯が見えないまま、この世界を終えるなんて、それは私には口惜しい。

あなたにはあなたも気づいていない底知れぬ強さがある。

だから、わたしは見たまんま感じたまんまを伝えます。

受け取った方は、一瞬戸惑われて葛藤されるけれど、

不思議と晴れやかな顔で帰られます。

魂は、ちゃんと欲してくれているんだと思います。

あなたが最幸の魂の状態で生きられるように。

できることを精一杯。精進します。

愛をこめて 知念睦月

知念睦月とは?

今後のお茶会予定↓

*7.8(月)ファルコン会 お一人さまお席を増やしました!

*7.11(木)パートナーシップお茶会 お一人さまお席を増やしました!

その他

*知念睦月 メルマガはこちら(ほぼ毎日発信しています♡)

個人セッションは7月中は満員御礼にて締め切りました。

8月はお休みをいただくのでセッションスタートは

8/19より行います。ご希望の方はお早めにご予約お取りください。↓下記より

*魂カウンセリング詳細・お申し込みはこちら

*悲しみを愛に トラウマ解放セッション詳細・お申し込みはこちら

*個人メニュービジネスコンサルなどはこちら

*Joy & Soulful コース詳細はこちら

*神さま産み詳細はこちら

*近々のイベント・セミナーはこちら



関連記事

  1. わたしが問題を解決してこれた、ある考え方。

  2. 彼に負けじと頑張るのをやめたら、、、あげまんになれた?!

  3. 人が成長するのは、”絶体絶命のピンチのとき”か…

  4. 痛くない心地よいお産 “リラックスバース”。痛…

  5. 男性に粗末に扱われていた暗闇時代。どうやって抜けたのか?

  6. 潜在意識を開く誘導瞑想の音源プレゼント!

  7. 腐ったバナナを握りしめていないか?

  8. 伸び悩み?!「いい人症候群」にひそむ “シャドー̶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。